Momose無料配布ワイヤレスの実力・実際の価格は?

https://www.deviser.co.jp/feature/momose-campaign2020

2020年6月15日よりMomoseオリジナルワイヤレスシステムプレゼントキャンペーンが開催されています。

新品のMomoseギター・ベースを購入時についてくる「オーナー登録カード」を郵送すると、先着でワイヤレスシステムがプレゼントされます。

本当に使えるのか?

どれくらい価値があるのか?

というメーカー・楽器店では紹介できない内容をガチ検証。

ワイヤレスシステムはRowin社OEM製品

無料プレゼントされるMomoseロゴ入りワイヤレス、中身はRowin WS-20というモデルです。

これはMomoseの運営元ディバイザーが、このRowinにロゴを入れて色を替えて作って!と依頼しているということです。

Rowinとは?

Rowinはミニサイズエフェクターを中心に展開する、中国のエフェクターブランド。

中華ブランドと聞くと怪しいと感じる方もいるかもしれませんが、

このRowinは自国開催のMusicChinaのみならず、世界最大の楽器展示会 アメリカNAMM SHOWにも出展している大きな会社です。

日本に初めて輸入されたのは、One ControlやMooerの代理店であるLep Internationalが2013年に取り扱い開始。

現在はAmazon、サウンドハウスでも購入可能です。

ちなみに2016年のMomoseペダルチューナーキャンペーンも同じくこのRowin製のOEM品でした。

Rowin WS-20

内容は受信機と送信機、それらを同時に充電するための二又USBケーブル。

2.4GHz替のデジタルワイヤレスで、家や練習スタジオで使うにはまあ十分なクオリティです。

エフェクターボードの一番最初のエフェクターに、ワイヤレスの受信機を挿せばエフェクターを使うこともできます。

レイテンシはそれほど感じません、音質は高域は出るのにペラいというか、少し抜けが悪くなったかな?とは感じます。

Wi-Fi接続したスマホでYouTubeを再生、それをBluetoothでギターアンプにて再生、そしてこのワイヤレスを使う

という際はルーターやスマホを近くに置くと、ギターの音は途切れることがあります。なるべく離して使用しましょう。

またワイヤレス本体が少しもろい個体がありそうなので、抜き差しなども含め優しく取り扱いしてください。

Wi-FiやBluetoothの電波と混線して途切れるおそれがありますので、ライブ本番などでの使用はおすすめしません。

ライブでの使用が目的なら

ちなみにこのRowin WS-20はAmazonでは6,000円前後くらい、楽天では10,000円前後くらいとかなり価格差があります。

Momoseを買って、無料でもらえるならまあまあ良いんじゃないでしょうか。

おうちワイヤレス未体験の方はぜひお試しください。

家でのワイヤレスは思ったより 快適ですよ。