初心者がフェンダーを使って良い理由 おすすめ機種

 

・初心者がフェンダーを使って良い?

・スクワイヤーもフェンダー?

・中古のフェンダージャパンは?

と悩んでいる、気になっている方のための記事です。

この記事を読むと

・初心者にフェンダーはおすすめ?

・スクワイヤーの評価

・一番安い・おすすめのフェンダーとは?

・中古のフェンダージャパンで気を付けるべき点

がわかります。

初心者にフェンダーはおすすめ?

結論から言うと、もしあなたがギターもしくはベースに7-10万円くらい払えるなら、おすすめです。

(特に初心者においての)良い楽器とは、弾きやすく音が良い事です。

演奏者の好みの差はあれど、少なくともフェンダーはこの条件を満たしています。

当然そういったギターの方が弾いていて楽しいですし上達も早いです。

安すぎるギターだと、上級者でも弾きづらい、なんてものも珍しくありません。

そんな駄目ギターを初心者が弾いてしまうと、ギターが原因なのに、「自分には才能が無いんだ・・・」と勘違いして辞めてしまう不幸な話もあるくらいです。

そして何より憧れのアーティストやギタリストと同じ「フェンダー」というブランドを所有している、という満足感が得られます。

あとネット上には、「初心者なんかがフェンダー使うな」という謎勢力がありますが、

嫉妬以外の何物でもありません。無視してokです。彼らに関わること自体が無駄です。

初心者がフェンダーを使ってて恥ずかしいことなんてありません。

ほとんどの良識あるギタリストは、むしろ応援してくれますよ。

スクワイヤーの評価

スクワイヤーはフェンダーの兄弟ブランドで、ボディやヘッドの形や設計は同じですが、

フェンダーほどの品質の高さではありません。

その理由はスクワイヤーはフェンダーの工場ではなく、アジアの提携工場で生産する事で価格を下げているからです。

ですので同じ価格帯の他のブランドのものと品質に差はありません。

悪くはないですが、価格相応という感じです。

あとは個性的なモデルも多く、中級者以上の人たちが自分好みに調整したり改造したりして楽しむには良いギターです。

一番安い・おすすめのフェンダーとは?

Playerシリーズ

fender-player

今現在、フェンダーブランドで一番安いのがPlayerシリーズです。

フェンダーのメキシコ工場で生産されています。

少し専門的ですが、9.5インチ指板ラディアス、フレットが大きい、サテン仕上げのネックが特徴で、

早い話が、現代的で弾きやすくしている = 力を入れる必要がなく弦が押さえやすいということです。

サウンドはもちろん本格的なフェンダートーンです。

最も人気なストラトキャスターやテレキャスターの価格は市場相場が76,230円ですが、たまに特価品で7万円を切るものもあり、欲しいモデルなら買いです。

Made in Japan Traditionalシリーズ

現在、日本製で一番安いシリーズがコレです。

メキシコ製のプレイヤーシリーズよりも少し高いですが、日本製ならではの細部までの丁寧な仕上げや、塗装の美しさに優れています。

ヴィンテージを意識した仕様で、エリッククラプトンやジェフベックなど、ちょっと渋めなギタリストが好きな方にはこちらがおすすめ。

最も人気なストラトキャスターやテレキャスターの価格は市場相場が99,000円。

中古のフェンダージャパンで気を付けるべき点

本当の意味でフェンダーを一番安く手に入れる方法はフェンダージャパンの中古を購入することです。

しかしフェンダーに限らず中古のギターは注意すべき点がたくさんあります。

その注意点はギターが弾けないと見抜けない部分も多く、初心者の方にはおすすめしません。

またフェンダージャパンは初心者にも良く売れていたので、前所有者の扱いが雑だったりで状態が悪い個体も多く出回っています。

特に専門店でないリサイクルショップや個人売買など、場合によっては修理してもどうにもならないものもあります。

また過去のフェンダージャパンは、かなりヴィンテージタイプのため、少し弾きづらい仕様になっています。

どうしてもフェンダーブランドが欲しくて、新品の値段じゃ買えないという方は、せめて中古楽器もしっかり整備しているお店で購入しましょう。

そういう信頼できるお店はホームページにも、ちゃんとその旨を記載しています。

フェンダーではじめるメリットデメリット

メリットは大多数の方がやりたいジャンルに向いている

デメリットは激しい系に不向き、もっと安いギターもある

フェンダーいわく、大型フェスでは出演者全体のおよそ8割以上のグループが、何かしらのフェンダー製品(ギター・ベース・アンプなど)を使用しているという統計があります。

日本でもOfficial髭男dism、King Gnuをはじめとするバンドもフェンダーを使っています。

古くからブルースやジャズ、ファンク、ロックなど幅広いジャンルに使われてきました。

まだ自分が求める音が定まっていない初心者でも、フェンダーから始めれば、いずれ好みの音が見つかった時に対応しやすいということです。

一方でヘヴィメタルやハードコア、日本だとONE OK ROCKやColdrainなどラウドロック系の、深く歪ませた図太いジャンルには不向きです。

Slipknotなどもフェンダーを使っていますが、フェンダーらしいギターではなく専用に作られたものです。

まとめ

メタル系ではなく、フェンダーが買える金額を出せるなら買いです。

そして価格、弾きやすさの面からPlayerシリーズがおすすめです。

メイドインジャパンが好き、ブルースや伝統的なロックが好きならMade in Japan Traditionalシリーズがおすすめです。