BOSS KATANA-AIR EX レビュー【通常版との違い/YAMAHA THR比較】

 
● KATANA-AIRとEXの違いは?
● BOSSの音が好きだけど、KATANA-AIRではスピーカー音に満足できなかった。
● YAMAHA THR30II Wirelessはどっちが良い?

という方に、元楽器屋店員のYosh(@yoshguitarblog)が、KATANA-AIR EXのメリット・デメリットをレビューします。通常版KATANA-AIRの違いとYAMAHA THR30II Wirelessと比較します。

KATANA-AIR EXは、BOSSのデスクトップアンプKATANA-AIRの上位モデル。

BOSS直系エフェクトや高品質なワイヤレスはそのままに、音質を向上。

木製のキャビネットとデスクトップアンプとしては大きめの5インチスピーカーを2発搭載することで、KATANAアンプ同等のギターアンプらしい、豊かでダイナミックなサウンドを実現しています。

ワイヤレスは本体に接続しておけば充電されるので、思い立ったらすぐに演奏できます。これにより、練習の頻度が上がり、上達にもつながるでしょう。

さらにワイヤレスでフットスイッチやエクスプレッションペダルが接続できたり、充電式バッテリーのオプションもあります。全て揃えると10万円超えてしまいます。

YAMAHA THRの方が手軽にサクッとクリアな音が出せます。KATANA-AIR EXはBOSSらしさとエフェクターでじっくり音作りを試したい人には良いでしょう。

KATANA-AIR EXのメリット

  • 35W出力・木製筐体・5インチスピーカーによるギターアンプらしいサウンド
  • 全ジャンルに対応する5種類のアンプタイプ
  • 60種類以上のBOSSエフェクト
  • 充電の手間が無い、ギターワイヤレス内蔵
  • 操作・自動音色切替などBluetoothアプリ
  • どこでも使える3種類の電源
  • ワイヤレススイッチで音色切替可能

35W出力・木製筐体・5インチスピーカーによるギターアンプらしいサウンド

画像引用 BOSS

KATANA-AIR EXはデスクトップ・アンプながら、真のギターアンプのサウンドを実現しています。

専用の木製キャビネットに5インチ(12cm)のカスタムスピーカーを2つ搭載。プレイヤーのタッチにダイナミックに反応し、ステージアンプのような豊かなキャビネットの響きを体験することができます。

ミニアンプにありがちな、奥行きが少なく低音域が乏しい、スピーカーとキャビネットに余裕がなく音が割れたように感じる、といった心配がありません。

全ジャンルに対応する5種類のアンプタイプ

KATANA AMPシリーズから受け継いだ高い評価を持つ5つのアンプ・タイプを搭載しています。

キャビネットやスピーカーとの相性を考慮して特別にチューニングされており、BOSSが提供する理想的なハイゲイン・サウンドであるBROWNや、クリアで透明感のあるCLEANなど、さまざまな音楽スタイルに対応する音色を提供します。

さらに、ACOUSTIC/BASSタイプでは、エレクトリック・アコースティック・ギターやベースのためのフラットな特性を持つサウンドを提供します。これにより、プレイヤーはジャンルを問わず、幅広い表現力を持つトーンを手に入れることができます。

60種類以上のBOSSエフェクト

BOSSの長年のエフェクト技術を凝縮し、60種類以上のエフェクトを内蔵しています。

歪みサウンドの幅を広げるオーバードライブやブースターから、ステレオ・スピーカーを活かした広がりのあるモジュレーション、ディレイ、リバーブまで、あらゆるエフェクトが豊富に用意されています。

ジャンルやプレイスタイルに合わせて、独自の音色を作り出すことができます。さらに、アンプとエフェクトの設定は、最大6つまで本体に保存できるため、お気に入りのセッティングをすぐに呼び出して演奏することができます。

TYPEEFFECT説明
BOOSTERMID BOOSTミッドブースター
CLEAN BOOSTクリーンブースター
TREBLE BOOSTトレブルブースター
CRUNCH OD艶のあるクランチサウンド
NATURAL OD真空管のようなナチュラルなオーバードライブ
WARM OD暖かみのあるオーバードライブ
FAT DS太い歪みが得られるディストーション
METAL DSメタル向けディストーション
OCT FUZZオクターブファズ
BLUES DRIVEBOSS BD-2 Blues Driver風クランチ
OVERDRIVEBOSS OD-1 Over Drive風クランチ
T-SCREAMIbanez TS-808風オーバードライブ
TURBO ODBOSS DS-2 Turbo Ditortion風ディストーション
DISTORTIONBOSS DS-1 Distortion風ディストーション
RATProCo RAT風ディストーション
GUV DSMarshall Guv’Nor風ディストーション
DST+MXR Distorion+風ディストーション
METAL ZONEBOSS MT-2 Metal Zone風ディストーション
‘60s FUZZFuzz Face風ファズ
MUFF FUZZElectro-Harmonix Big Muff風ファズ
HM-2BOSS HM-2 Heavy Metal風ディストーション
METAL COREBOSS ML-2 Metal Core風ディストーション
CENTA ODKlon Centaur風オーバードライブ
MODT.WAH高周波数帯域にかかるオートワウ
AUTO WAHオートワフ
PEDAL WAH外部エクスプレッション・ペダル用ワウ
COMPコンプレッサー
LIMITERリミッター
GRAPHIC EQグラフィックイコライザー
PARAMETRIC EQパラメトリックイコライザー
GUITAR SIMピックアップ(シングル-ハム)やセミアコ風サウンドを再現
SLOW GEARボリューム奏法風効果
WAVE SYNTH短形波・ノコギリ波シンセ
OCTAVEオクターバー
PITCH SHIFTERピッチシフター
HARMONIST単音を弾くとハモリの音が出る
AC.PROCESSORエレアコで使う、アコギの響きを再現
PHASERフェイザー
FLANGERフランジャー
TREMOLOトレモロ
ROTARYロータリースピーカー
UNI-Vユニヴァイブ
SLICERスライサー
VIBRATOビブラート
RING MODリングモジュレーター
HUMANIZERボコーダー風効果
CHORUSコーラス
AC.GUITAR SIMエレキをアコギ風の音に変化
PHASER 90EMXR Phase 90風フェイザー
FLANGER117EMXR Flanger風フランジャー
DELAYDIGITALクリアなデジタルディレイ
ANALOG温かみのあるアナログディレイ
TAPE ECHOテープエコー
REVERSEリバースディレイ
MODULATEゆらぎのあるディレイ
SDE-3000Roland SDE-3000風ディレイ
PANステレオのパンディレイ
REVERBROOMルーム・リバーブ
HALLホール・リバーブ
PLATEプレート・リバーブ
SPRINGスプリング・リバーブ
MODULATEモジュレート・リバーブ
NSNSノイズサプレッサー

充電の手間が無い、ギターワイヤレス内蔵

自宅での練習でも、ワイヤレスがあるだけで上達につながります。

ギターを弾く準備の手間がなくなり、ケーブルが無いだけで部屋が片付き集中力が増します。

付属のトランスミッター(送信機)をギターに接続するだけで、すぐにワイヤレスでの演奏が可能です。このワイヤレス・テクノロジーはBOSS独自のもので、低レイテンシーと高音質のギター・サウンドを実現

トランスミッターはアンプ本体に接続するだけで充電でき、一回の充電で最大12時間の使用が可能です。

つまり、弾かないときに自動的に充電が完了しています。別売りのワイヤレスは充電の手間があるので、KATANA-AIRはとても便利。

ペアリングは自動的に最も安定した回線を選択するため、特別な設定や手間は不要です。また、演奏を一時停止した際には、アンプはスタンバイモードに移行し、再度ギターを持ち上げると、トランスミッターの振動を検知して自動的に電源がONになります。

煩わしいケーブルや充電の手間を気にせず、すぐに演奏を楽しむことができます。

操作・自動音色切替などBluetoothアプリ

iOS/Android端末とBluetooth接続を行うことで、専用アプリBOSS TONE STUDIO for KATANA-AIRを使用して、詳細な音作りや効率的な練習が可能です。

このアプリを使用すると、音色のエディットだけでなく、YouTubeコンテンツのソング・リスト作成やリピート再生ポイントの配置など、練習に役立つ多彩な機能を利用できます。

特に、YouTube動画に合わせてジャム・セッションを行う際には、マーカーへのギター・トーンとタイミングの設定により、曲の進行に合わせて音色が自動で切り替わる機能があり、プレイヤーは演奏に集中できます。

どこでも使える3種類の電源

電源は、ACアダプター、単三電池8本、充電式バッテリーのいずれかで駆動します。

同梱されているアダプターを使用して、家庭の電源からアンプを駆動することができます。

外出先や電源の取れない場所での使用に便利な単三電池8本を使用しての駆動も可能です。さらに、別売りの充電式バッテリー(Roland BTY-NIMH/A)を使用することで、長時間の連続使用や繰り返しの使用が可能となります。

これらの多様な電源オプションにより、屋内外を問わず、様々なシチュエーションでの演奏や練習が可能となります。

ワイヤレススイッチで音色切替可能

オプションのEV-1-WL MIDI Expression PedalやFS-1-WL Wireless FootswitchをBluetooth接続することで、専用アプリBOSS TONE STUDIO for KATANA-AIRでの設定をワイヤレスでコントロールすることができます。

ボリュームやワウ・ペダルの操作、パッチのアップ/ダウン、エフェクトのON/OFF、アプリの練習機能など、足元での操作が可能となります。

市場のデスクトップアンプでは、外部コントロールできるものが少ないですが、KATANA-AIR EXはスイッチまでワイヤレスです。

KATANA-AIR EXのデメリット

  • 他社に比べてアンプ種類が少ない
  • 別売品が多く、全ての機能を使うと高価格になる

他社に比べてアンプ種類が少ない

クリーンからハイゲインまで歪みの幅は広いですが、アンプの種類は5種類のみ。

他社のデジタルアンプでは、クリーンだけでも複数種類あるものも珍しくありません。

好みのアンプキャラクターでなかった場合は、音作りをじっくり行う必要があります。

別売品が多く、全ての機能を使うと高価格になる

KATANA-AIR EXは、その基本機能だけでも非常に魅力的なギターアンプとしての性能を持っていますが、その全ての機能や拡張性を最大限に活用するためには、別売のフットスイッチや充電バッテリーが必要です。

具体的な価格は以下の通りです。

機種価格
KATANA-AIR EX 本体70,400円
FS-1-WL フットスイッチ14,300円
EV-1-WL エクスプレッション・ペダル16,500円
BTY-NIMH/A 充電バッテリー13,200円

KATANA-AIRとの違い

項目KATANA-AIR EXKATANA-AIR
市場相場価格70,400円44,000円
出力ACアダプター: 35W (17.5W+17.5W)<br>電池: 20W (10W+10W)ACアダプター: 30W (15W+15W)<br>電池: 20W (10W+10W)
スピーカー12cm (5インチ) x 27.5cm (3インチ) x 2
筐体素材木製樹脂製
充電バッテリー別売りなし
外部スイッチ別売りワイヤレスなし
アンプ種類5種類5種類
エフェクト種類60種類以上50種類以上
コントロールPOWER, Bluetooth, MASTER, AMPLIFIER (AMP TYPE, GAIN, VOLUME), EQUALIZER (BASS, MIDDLE, TREBLE), MULTI EFFECT (BST/MOD, DELAY/FX, TAP, REVERB), TONE SETTING (CH A, CH B, PANEL)POWER, Bluetooth, MASTER, AMPLIFIER (AMP TYPE, GAIN, VOLUME), EQUALIZER (BASS, MIDDLE, TREBLE), MULTI EFFECT (BST/MOD, DELAY/FX, TAP, REVERB), TONE SETTING (CH A, CH B, PANEL)
インジケーターPOWER, Bluetooth, Guitar Wireless, PANEL, CH A, CH B, BST/MOD, DELAY/FX, REVERB, TAPPOWER, Bluetooth, Guitar Wireless, PANEL, CH A, CH B, BST/MOD, DELAY/FX, REVERB, TAP
接続端子INPUT, AUX IN, PHONES, TRANSMITTER IN, LINE OUT (L/MONO, R), USBINPUT, AUX IN, PHONES/REC OUT, TRANSMITTER IN, USB
電源ACアダプター, 単三電池 x 8本, 充電式バッテリー・パック (別売)ACアダプター, 単三電池 x 8本
連続使用時の電池の寿命アルカリ電池: 約7時間<br>ニッケル水素電池: 約10時間<br>充電式バッテリー・パック: 約16時間アルカリ電池: 約7時間<br>充電式ニッケル水素電池: 約10時間
サイズ414 x 192 x 236 mm350 x 144 x 236 mm
質量5.6kg2.2kg

主な違いは以下の通り

  • 価格差 約26,000円
  • 筐体素材
  • スピーカーサイズ
  • バッテリー・スイッチのオプション
  • サイズと重量

つまり、「音質」と「外部コントロール」がどちらにするかの判断基準です。

特に、筐体の素材とスピーカーサイズは、音質の良さに直結します。

KATANA-AIR EXの方が、ギターアンプらしい挙動をしてくれるので、非常にナチュラルなサウンドです。

こちらの動画でも、低音域の豊かさや、解像度の違いがよくわかります。

BOSS KATANA-AIRはこんな人におすすめ
● BOSSのサウンドが好き
● ワイヤレス内蔵アンプがほしいけど、EXやYAMAHAは予算オーバー

YAMAHA THR30II Wirelessとの比較

項目KATANA-AIR EXYAMAHA THR30II Wireless
市場相場価格70,400円64,900円
ワイヤレス付属18,700円
定格出力ACアダプター: 35W (17.5W+17.5W)<br>電池: 20W (10W+10W)30W(15W+15W)<br>バッテリー駆動時 15W(7.5W+7.5W)
スピーカー12cm (5インチ) x 29cm x 2
アンプタイプ5種類15種類 Guitar Amp モデル, 3種類 Acoustic モデル, 3種類 Bass Models, 3種類 Flat ボイシング
搭載エフェクト60種類10種類
Bluetooth内蔵内蔵
ギターワイヤレス内蔵内蔵・別売り
外部コントロール別売りサードパーティ
クロマチックチューナーアプリ機能本体内蔵
接続端子INPUT, AUX IN, PHONES, TRANSMITTER IN, LINE OUT (L/MONO, R), USB, DC ININPUT, PHONES, AUX IN, USB, LINE OUT
電源ACアダプター (DC13V), アルカリ電池 (単3形) x 8, ニッケル水素電池 (単3形) x 8, 充電式バッテリー・パック (別売)ACアダプター、充電式バッテリー
サイズ414 x 192 x 236 mm420 x 195 x 155 mm
質量5.6kg4.3kg

主な違いは

  • 音色の特徴
  • ギター以外でも使うか
  • エフェクターの種類
  • 外部コントロールの有無

まず機能面においては、ほとんど違いがありません。外部コントロールは他社製のものを使えばYAMAHA THRでも操作可能です。YouTubeの再生中に自動で音色切替ができるのは、BOSSのアプリだけです。

次に音色数についてです。

アンプの数はYAMAHAの方が豊富で、ベース用が3種類、アコースティック用が3種類あります。

KATANA-AIR EXでは、ベースとアコースティックはフラットモードのみなので、YAMAHAに比べると味気なく感じます。

その分、エフェクトの種類はKATANA-AIR EXが豊富です。ボスのブルースドライバーやケンタ、ビッグマフなど、人気の名機を多数収録。アコギの音色も「AC.PROCESSOR」やイコライザーを駆使すれば、改善はできそうです。

YAMAHA THR30II Wirelessはこんな人におすすめ
● クリアで整ったサウンドが好き。
● ギター・ベース・アコギで使いたい。
● エフェクターは基本的なものがあれば良い。
● アンプの歪みは複数から選びたい。

渋谷IKEBE楽器村
¥55,400(2024/04/16 13:28時点 | 楽天市場調べ)
関連記事

 ●ギターワイヤレスが搭載されたデスクトップアンプを探している ●ヤマハTHR-IIの音って実際どうなの? ●エレキギターもベースもアコギも、アンプは1台でまかないたいという方に、元楽器屋店員のYoshがヤマハTHR[…]

BOSS KATANA-AIRはこんな人におすすめ
● BOSSの音が好き。
● 多数のエフェクターを使いたい。
● ギターのみで使う。ベースやエレアコでは使わない。
● 家ではエフェクトボードを使うのが面倒だが、フットスイッチで音色を切り替えたい。
● 全てワイヤレスで、無駄なストレスを感じたくない。
● 練習を習慣化しやすくするために、すぐに音が出せる環境を作りたい。

Twitterで気軽に交流しましょう!