WAZA-AIRでルーパー・外部エフェクターを使う設定方法

  • 2020年10月11日
  • 2020年10月11日
  • Tips

 
WAZA-AIRでルーパーを使いたい

BOSSの音以外でワイヤレスヘッドフォンで演奏したい

という方のための記事です。

ワイヤレスヘッドフォンで遅延なくギターの演奏ができるのは、現時点ではBOSSのWAZA AIRだけです。

BOSSよりも好みの音があるという方も、この方法を使うことで好きなサウンドでワイヤレスヘッドフォンでの演奏が手に入ります。

設定・接続方法

1.トランスミッター(送信機)の設定を変更

2.使いたいエフェクターのアウトプット端子に送信機を接続

アプリでちょっと設定するだけです。

1.トランスミッター(送信機)の設定を変更

送信機には

振動が無いと電源が切れる「MOTION SENSING」

ギターからの音が無いと電源が切れる「SOUND SENSNG」

この2つの自動電源OFFの設定があり、初期設定はMOTION SENSINGになっています。

このままの設定でエフェクターと接続してしまうと、電源が勝手にoffになってしまうため、SOUND SENSONGに設定しておく必要があります。

BOSS TONE STUDIO for WAZA-AIRアプリでの設定が必要です。

右下の≡(SYSTEM)をタップ

STANBY SETTINGをタップ

「TRANSMITTER’S STANDBY SENSING」内の「SOUND SENSING」を選択

最後にWAZA-AIR本体のトランスミッター・イン端子に送信機を接続しペアリングしてください。

送信機のランプのオレンジの点滅が消えたら完了です。

※この手順をやらないと設定が完了しません。

2.使いたいエフェクターのアウトプット端子に送信機を接続

あとはこの送信機をエフェクターのアウトプットに接続するだけでokです。

歪みエフェクターなどの場合はアンプタイプをCLEAN, CRUNCHタイプにしても良いですが、

外部のモデリングアンプを使う場合はFLATにすることをおすすめします。