軽量トリガーカポPaige Spring Capoレビュー

Paige capo

1988年にブライアン・ペイジによって立ち上げられたUSA製のカポ・ブランド。

まだポピュラーではありませんが、日本ではMartinの正規輸入代理店である黒澤楽器が輸入販売を行っております。

Paige Spring Capoレビュー

いわゆるトリガーカポタイプなので取り付けも素早くかんたんに行なえます。

カポ自体の重量が軽量なため、サウンドへの影響が少ないのがメリットです。

エレキとアコースティック用、6弦&12弦全て兼用で形状は1種類。

カラーはブラック、レッド、ブルー、グリーンの4色。

Paige Spring Capoデメリット

トリガーカポ全般に言えることですが、

弦を押さえる力を調整することができないため、

ギターの状態によってはビビリが発生する可能性もあります。

またエレキギター兼用ですが、フェンダーのヴィンテージスタイルにある7.25インチの指板には合いません。

G7th UltraLight Capo比較

サウンドへの影響はどちらも少ない軽量にこだわったカポ。

取り付け方が異なります。

取り付け方がかんたんなのは、ペイジカポ

とにかく軽量なのがG7th Ultralightカポです。