【追加アンプ/エフェクター】Helix, HX Stompアップデート HX3.0

  • 2020年12月16日
  • 2021年4月19日
  • Tips

追加アンプモデリング

Fender Princeton Reverb

●US Princess, Fender® Princeton Reverbがベース

12ワットに10インチスピーカーを搭載した小型のフェンダーコンボアンプ。

個人練習や小さなギグなどのために作られましたが、このサイズならではのサウンドのためレコーディングにも重宝されています。

Diezel VH4

●Das Benzin Lead, Diezel VH4のLeadチャンネルがベース

●Das Benzin Mega, Diezel VH4の Mega チャンネルがベース

日本ではHI-STANDARDの横山健 氏の使用でも有名なドイツ発のアンプブランド、ディーゼル。

VH4はメタリカのJamesが使用したことで、Diezelの名とともに有名になったモデルで、

これまでにない重低域もカバーできるアグレッシブなハイゲインサウンドに定評があります。

追加キャビネット

Fender Princeton Reverb

●1×10 US Princess, Fender® Princeton Reverbキャビネットがベース

●1×12 US Princess, 12” アルニコブルー・ドライバー搭載のFender® Princeton Reverbがベース

アンプと同じく、フェンダープリンストンのキャビネットが追加されました。

追加エフェクト

HORIZON DEVICES Precision Drive

●Distortion > Horizon Drive (Mono, Stereo), Horizon Devices Precision Driveがベース:Gate Rangeパラメータを追加搭載し、”Extended”に設定した場合はゲートのスレッショルドを-90dBに下げます

プログレッシブメタルバンドPeripheryのギタリストにして中心人物であるMisha Mansoor(ミーシャ・マンソー)によるペダルブランド「Horizon Devices」 。

Precision Driveはハイゲインアンプの前段に接続しブースターとして用いることで、djent(ジェント)なサウンドを作り出すことを目的に開発されました。

● Dynamics > Horizon Gate (Mono, Stereo), Horizon Devices Precision Driveのゲート回路がベース:Gate Rangeパラメータを追加搭載し、”Extended”に設定した場合はゲートのスレッショルドを-90dBに下げます。アンプの前に配置することで効果を発揮。

Precision Driveのゲート部を抜き出し再現したモデル。

BOSS HM-2 Heavy Metal

●Distortion > Swedish Chainsaw (Mono, Stereo), BOSS® HM-2 Heavy Metal Distortionがベース (Made in Japan ブラックラベル)

生産完了品ですが中古市場でも人気を誇る機種で、本家BOSSでも技クラフトシリーズでの復刻がアナウンスされています。

Heavy Metalの名前ながら、オルタナ/シューゲイザー系ギタリストに愛用されていたり、

エフェクト名のSwedish Chainsawは、スウェーデン発のメロディックデスメタルバンドの始祖的バンド At The Gates が名盤 Slaughter Of The Soul でのレコーディングで使用されたことに由来されているのでしょう。

Jordan Boss Tone fuzz

●Distortion > Pocket Fuzz (Mono, Stereo), Jordan Boss Tone fuzzにインスパイア

エフェクター本体にプラグがあり、ギターのインプットに直接挿す形状になっています。

QUEENのブライアンメイが使用していたことでも知られています。

Electro-Harmonix Ram’s Head Big Muff Pi

●Distortion > Bighorn Fuzz (Mono, Stereo), 1973年製 Electro-Harmonix® Ram’s Head Big Muff Piがベース

オリジナルは2代目 1973年製 のV2、通称 ラムズヘッド

由来はリイシューにも描かれている本体右下electro-harmonixのロゴが羊に見えることからですが、 ちなみにこれは羊ではなく、女性の顔だそうです。

ダイナソーJr. の Jマスキスが使用しています。

Euthymia ICBM fuzz

●Distortion > Ballistic Fuzz (Mono, Stereo), Euthymia ICBM fuzzがベース

オペアンプ期のビッグマフのレプリカモデル。

BOSS AC-2 Acoustic Simulator

●EQ > Acoustic Sim (Mono, Stereo), BOSS® AC-2 Acoustic Simulatorがベース:単独でも、アコースティックIRと組み合わせても使用可能。

エレキギターをアコースティックギターのサウンドに変化させます。

Line6 オリジナル

●Modulation > Poly Detune (Mono), Line 6 オリジナル これまでのコーラス・ペダルに飽き足らない方におススメ。

●Delay > Poly Sustain (Mono), Line 6 Original 単音またはコードを弾き、それからフットスイッチを押すと、サスティンが永遠に持続します。単音またはコードがループしている間にプレイを続けます。

●Delay > Glitch Delay (Mono, Stereo), Line 6 Original リピートの挙動をリアルタイムで自由にマニュピレートできるパフォーマンス・ディレイです。

●Pitch/Synth > Poly Pitch (Mono), Line 6 オリジナル

NOTE:ポリフォニック・ピッチ・エンジンは、複雑なコード移動をする際、レイテンシーと引き換えに不自然さを最小化するようにデザインされています。単音でのピッチ変更(ソロなど)を行いたい場合は、モノフォニック・ピッチシフトの方が適しているかも知れません。詳細は以下のTrackingパラメータをご参照ください。

●Pitch/Synth > Poly Wham (Mono), Line 6 オリジナル ギターとベースどちらにも最適です。使用する楽器によってはAuto EQ パラメータを調整するとよいでしょう。詳しくは上記Poly Pitch の記述をご参照ください。

●Pitch/Synth > Poly Capo (Mono), Line 6 オリジナル ギターとベースどちらにも最適です。使用する楽器によってはAuto EQ パラメータを調整するとよいでしょう。詳しくは上記Poly Pitch の記述をご参照ください。

●Pitch/Synth > 12 String (Mono), Line 6 オリジナル 12弦ギター・エミュレーション

●Volume/Pan > Stereo Imager (Stereo), Line 6 オリジナル Helixに2台のアンプ、もしくはステレオのプレイバック・システムを接続した際の聴感上のステレオ幅を増加するために使用します。この後にモノ・ブロックが含まれていないことをご確認ください!

●Looper > Shuffling Looper (Mono, Stereo), Line 6 オリジナル ルーパーであり、サンプラーでもあり、インスピレーション・ジェネレーターでもあり、パフォーマンス・インストゥルメントでもあるShuffling Looperは、プレイをインテリジェントに分割し、並び替え、オクターブ・シフト、リバース、そしてリピートをリアルタイムでコントロールすることができます。 最高に楽しいですが(ボーカルやドラム、パーカッションにも)、まずはコントロールに慣れる必要があるでしょう。 重要: Shuffling Looper はCommand Center > HX Commandsや機能ごとの MIDI コマンドには対応していません。

その他追加機能

HX Stompでは最大同時エフェクト数が6から8個に増えました!

HX Stompユーザーはアップデート必須です。

その他詳細は、下記オフィシャルサイトでご覧ください。

https://line6.jp/news/1208/