子供でも弾けるおすすめギターと選び方

 
Name
子供がギターを弾きたいと言ってきた

何歳からはじめられる?

どんなギターを選べばよい?

という親御さん向けの記事です。

わたしは楽器屋店員をしていますので、多くの方のはじめの1本を一緒に選んできました。

ギターの種類

趣味で始めるギターは大きく2種類です。

アコースティックギター(フォークギター)

歌いながらジャカジャカ弾いているギターはコレです。

日本では70年代のフォークブームにはじまり、

ゆずやコブクロ、女性にはmiwaやあいみょんなんかで人気です。

生音でもそれなりに大きい音がするので、対策無しでは集合住宅は少し難しいかもしれません。

エレキギター

バンドで使われているギターがこちらです。

最近では軽音楽部も増えておりバンドも組みやすいですし、

YouTubeやSNSのように、伴奏を流しながらなら一人でも楽しめます。

ロックのイメージが強いですが、ジャズなどしっとりしたジャンルも演奏できます。

ギターとアンプ(スピーカー)を接続して音が出ますが、

ヘッドフォンを使えば騒音対策なできます。

ギターは何歳から始められる?

YouTubeでは小学生以下で弾いている子たちもいらっしゃいますが、

おおよそ小学校高学年くらいからなら始められます。

中学生なら通常のギターでokです。

ギター教室に通う?独学で挑戦する?

ギター教室

いざ始めても続くかどうかわからないと心配される親御さんは多いです。

こればっかりはご本人の意志によるところが大きいです。

理屈で言えば教室に通った方が、

適切な手順でレッスンが進められて、できていない部分を矯正してもらえるので上達は早いです。

しかし子どもの習い事のように、お子さん自身が”やらなければないないもの”と認識してしまうと、

勉強のように楽しんで練習できなくなりやめてしまうかもしれません。

お子様ご自身の意志でレッスンに通い始めた方は継続する方が多いです。

独学

わたしの親はギターの事は何もわかりませんが、わたしは中学3年生くらいから独学でエレキギターをはじめました。

上達は遅かったですが、出来なかった事ができるようになったりすることや、

単純にギターを弾くことが楽しかった(あとはモテたいというよこしまな気持ちと笑)ので辞めなかったんだと思います。

DVD付きの教則本で映像を見ながらだったり、

最近はYouTubeで弾き方のレッスン動画もあるので、わたしが始めた頃より良い環境です。

小学生におすすめのミニギター

中学生からは大人と同様のギターで大丈夫なので、

こちらでは小学生におすすめの小さめのミニギターをそれぞれ紹介します。

アコースティックギター

安いアコギ(1万円台) YAMAHA JR2

1万円台のミニギターです。

ヤマハなのはブランド名だけでなく、品質もそれなりで安心です。

探せばもっと安いものもありますが、弾きづらいギターが原因で辞めてしまう方も少なくありません。

最低限これくらいのグレードを強くおすすめします。

高いアコギ Taylor Baby

音程も音質も一級品。

ミニギターですが独自の構造により、良く響きます。

音なの方でも持ち運び用のギターとして使う方もいらっしゃいます。

はじめは太い弦(ミディアムゲージ)が張ってあるので、

ライトゲージやカスタムライトゲージと呼ばれる少し細めの弦に張り替えてください。

これで弾きやすさも一級品になります。

エレキギター Legend LST-MINI

1万円前後とアコギより少し安いですが、エレキはアンプとそれをつなぐケーブルも必要なので、

トータルのコストはエレキの方が少し大きくなりがちです。

形状は最もポピュラーなストラトキャスタータイプなので幅広いジャンルに対応できます。

フェルナンデスのZO-3で有名なアンプ内蔵のミニギターもありますが、

アンプの分、重量が重いので子供用としては不向きです。

またエレキギターイにサイズには品質の高いものはありません。

普通のサイズが使えるようになったら、好みのギターに選びましょう。

その他必要なもの

チューナー

ギターはピアノの違い、毎回自分で調弦する必要があります。

専用のクリップ式チューナーが良いのですが、

無料のスマホアプリもあるのでとにかくお金をかけないならそれもお試しください。

こちらもやり方はYouTubeにあります。便利な世の中です。