Darkglass Electronics ADAM【歪み+コンプ+EQ+IR】

DarkglassElectronics ADAM

この音を聞いてテンション上がらないわけがありません!

Darkglass Electronicsと、プログレッシブメタルバンドPeripheryの元ベーシストであるAdam “Nolly” Getgood と共同開発されたプログラマブルディストーションプリアンプ ADAM。

本体の3つのフットスイッチはプログラマブルプリセットスイッチ。

さらにこのフットスイッチは回転式。

それぞれのプリセットにはコンプ、ディストーション、IR、EQ、シグナルチェインを保存可能。

6バンドプログラマブルEQは同社Element同様のタッチスライダー式。

USB-C端子のオーディオインターフェイス機能と、ステレオバランスアウト、ダウンチューニングにもしっかり対応するチューナーを搭載。

Darkglass Electronics ADAM の 特徴

Compressor

Compressionつまみではコンプレッサーへの入力ゲインを調整し、信号をどれだけ圧縮するか決定します。

Aのフットスイッチを回転させることで5つ(4:1,8:1, 12:1, 20:1, ALL IN)の比率を選択、バイパスも可能。

Distortion

ディストーション回路の心臓部には、Nollyのフェイバリットヴィンテージ・ディストーション・ユニットが搭載されています。

Driveつまみでは歪み量を、Characterつまみでディストーションのトーンにブライトさを加えます。

Blendつまみでクリーンと歪みのブレンドを、Levelつまみはマスターボリューム。

これらの各設定はプリセットに保存することで、つまみの周りのLEDリングに表示されます。

これにより物理的なつまみの位置に関係なくパラメータの確認ができます。

Bのフットスイッチを回転させることでマイルドでアーティキュレーションが表現できるディストーションからシンセサイザーのようなファズサウンドまで、5つの特徴的なディストーションモードを切替、バイパスも可能。

日本の公式twitterいわくRAT系の歪みだそうです。

Cabinet Simulation

Impulse Response (IR)キャビネットシミュレーションに対応し、5つ保存可能。

デフォルトのIRは Nolly によりキャプチャーされています。

Cのフットスイッチを回転させることで切替、バイパスも可能。

Touch Sensitive Slider

6バンドグラフィックイコライザーはタッチ式。

それぞれ -12dB から 12dBで、左からa low shelf, 250 Hz, 500 Hz, 1.5 kHz, 3 kHz, a high shelf。

ダブルタップで0dBに戻ります。

Tuner

BとCのフットスイッチを同時押しでチューナーモード。

チューナーモードではミュートになります。

B0からA#5の5オクターブのクロマチックチューナーで、多弦ベースのダウンチューニングにも対応。

Signal Chain

AとBのフットスイッチ同時押しでバイパスされます。

ちなみにマルチバンドコンプは調整不可。

Darkglass Electronics ADAM の端子

INPUT

一般的な1/4″モノジャック。

AUX IN

ステレオミニプラグを接続し、外部音源を流しながら練習やレコーディングできます。

Bluetooth接続によるオーディオストリーミングも可能です。

HEADPHONE OUTPUT

ステレオミニプラグのヘッドフォン・イヤフォンを接続できます。

BALANCE OUTPUTS

2つのバランス出力。TRS コネクタ(チップ +、リング -、スリーブ GND)を使用して 1/4 インチバランスジャックに接続します。

モノラルプラグを使えばアンバランス出力となります。

DIRECT OUTPUT

XLRのキャノンアウト。Ground Liftスイッチも装備。

MIDI IN

BOSSなどでも使用されているステレオミニプラグのMIDI端子。

USB

タイプ CのUSB端子で、オーディオインターフェイス機能、IRのロードやソフトウェアのアップデートに使用します。

サウンド

その他

サイズ・重量

180 x 120 x 60 cm

0.7kg

今までのUltraが 125 x 96 x 57 mm なのでちょっと大きめですね。

電源

本体には400mAの表記がありますが、HPではセンターマイナス 500mA推奨とあります。

価格

公式twitterでは5万円後半くらいとのこと。

海外販売サイトでは499.99USDとあります。

他製品では429.99USDが国内51,480円なので、同じレートで換算すると

59,860円ですね。

国内市場価格は税込み 63,800 円でした。

あとは発売日が気になるところです。

一部店舗で予約受付が開始されています。

発売は2021年1月中旬頃、日本への初回入荷数が少ないらしく、納期が2月以降の店舗もありますね。